退屈すぎるくらいがちょうどいい

 

スポンサーリンク

f:id:newl:20170917074208p:plain

 

皆さんは1人で家にいて「暇だ」と思うことってありますでしょうか?

 

私は、本を読んだり、調べ物をしたり、考え事をしたり、アニメを見たり、筋トレやストレッチをしたり、寝たりを繰り返していれば無限に過ごせそうな感じがします。実際、大学生の頃はバイトもサークルもせずに半ひきこもり生活をしていた期間がありました。

 

逆に私は、自分の周囲にいる結構な割合の人がやっているような生活を真似すると、どんどん心身の調子がおかしくなってきてしまいます。例えば、飲み会は私にとっては鬼門です。

 

飲み会のあと2日寝込む

金曜日に飲み会があると、その後の土日は使い物にならなくなってしまうことが多いです。金曜以外の日に飲み会があった場合は気合いで金曜まで乗り切るものの、土曜は灰になっています(ひどい時は飲み会の翌日しんどすぎて会社を休むことも……)。

 

自分の体調のことを考えると飲み会には行きたくないのですが、以前は無理して頑張って参加することがよくありました。周りから非難されるのを恐れる気持ちがあったというのもありますし、自分自身もっと社交性のある「普通」の人にならなければと思っていたからです。

 

しかし、今では飲み会などの人付き合いは最小限にとどめています。周りの目を気にしたり、「普通」になるための努力をしたりしても、別に周りからは大して評価されないし、自分の身にも大してならないし、ただただ自分の心身にダメージを与えてしまうからです。

 

飲み会により懇親を深めるなどの意義も理解はできるので、自分にとってメリットがあり、なおかつ体調が万全のときは参加するようにしています。ちなみにアルコールを飲むとさらに体調を崩すことが多いので、私は飲み会ではいつもソフトドリンクです。

 

飲み会は刺激過多

以前、1人で食べるのが好きという旨のエントリを書きました。私にとって、人とお喋りするのは気軽なタスクではなく、結構な重労働です。ビジネス的な会話はまだいいのですが、雑談は難易度が高く、大量のエネルギーを使うように感じます。

 

雑談的なやりとりの難しさで脳が疲弊してしまう上に、いろんな人の口から発せられる情報がどんどんと頭の中に流れ込んできて、頭がパンクしそうになります。飲み会が終わって帰宅しても、頭の中で情報が処理しきれておらず激しく飛び交っているんですよね。頭は鈍く痛むし、神経が昂ぶってしまってなかなか寝付けない。寝付けても眠りが浅く、早い時間に起きてしまう。疲れが抜けない……思い出しただけでげんなりしてしまいます。

 

退屈すぎるくらいがちょうどいい

以前の私は、
「人と交流することが苦手な自分はなんてダメな人間なのだろうか」
と自責の念に駆られていました。でも、こういう苦手なことって鍛えようとしてもなかなか鍛えられるようなものではないんですよね。むしろ、苦手なことを鍛えようと頑張ってしまうとかえって心身を壊してしまうリスクが大きいと思います。

 

冒頭でも述べたように、家で1人で過ごすことが私は好きです。休みの間じゅう、誰とも連絡を取らず1人で過ごすことは退屈すぎると感じる人が多いかもしれません。でも、私にはそれがちょうどいいのです。

 

ただ、どうしても時々は避けられない人付き合いが発生します。それによって疲弊してしまったときは、薬の力も借りながらしっかり睡眠を取って自分の心身ををケアしていきたいですね。