睡眠で健康になろう

 

スポンサーリンク

みなさん、毎日たくさん寝てますか?


私は、半年くらい前からたくさん寝るようにしたら体調が良い日が多くなりました。というわけで、今日は睡眠について書いてみようと思います。

 

forbesjapan.com

 

この記事を読むと、超有名な一流アスリートはたくさん睡眠を取っていることが伺えます。  

米プロバスケットボールNBAのレブロン・ジェームズは、1日平均12時間の睡眠を取るという。

テニスのロジャー・フェデラーもジェームズと同じ、平均12時間の睡眠を取っている。そして、「人類最速の男」ウサイン・ボルト、テニスのヴィーナス・ウィリアムスとマリア・シャラポワ、元NBA選手スティーブ・ナッシュはそれぞれ、1日平均10時間眠っているという。

2009~10年シーズンから2015~16年シーズンまでの7年間にわりNBA選手112人を対象に行った調査では、深夜に投稿したツイッターと翌日の試合での成績に関する分析を行った。その結果、前夜に投稿をしていた場合、その選手には試合中のパフォーマンスが振るわなくなり、チームも負けることが多かった。

睡眠時間とパフォーマンスが関係することは、我々も体感的に感じていますよね。運動のみならず、勉強や仕事も寝不足の状態では十分な力を発揮できません。

 

毎日、たっぷりの睡眠を取ることが重要

スタンフォード大学での研究結果が面白いです。

www.waseda.jp

 

スタンフォード大学のバスケットボール選手11名に対し、毎日10時間寝るように指示*1したら軒並みパフォーマンスが向上した、という研究です。

 

さらに、

ダッシュのスピードの変化を経時的にみると、一ヶ月半にわたってどんどんと早くなっていくことです。これは、2-3日長く寝ただけでは完全の睡眠不足からの回復は得られないことを示唆してくるように思えます。一番大切なことは、規則的で充分な量の睡眠をとることです。

ということで、「大事な日の直前だけたくさん寝よう」というのでは不十分だということも分かりますね。

 

毎日、たっぷりの睡眠を取ることが重要なのです。

 

ちなみに、研究論文はこちら↓

The Effects of Sleep Extension on the Athletic Performance of Collegiate
Basketball Players(Cheri D. Mah, et al. SLEEP, Vol. 34, No. 7, 2011 ) 
https://teensneedsleep.files.wordpress.com/2011/05/mah-et-al-2011-effects-of-sleep-extension-on-athletic-performance.pdf
※PDFが開きます 

  

結論 

毎日の生活の中で無駄な時間がないか改めてチェックしてみて、しっかり睡眠時間を確保したいですね。

 

とは言っても、毎日8時間の睡眠時間を確保するなんて無理だ……という方々も多いかもしれません。毎日1~2時間かけて通勤して、夜遅くまで働いて……という生活をしていたら、睡眠不足になることは避けられません。

 

ほんとそれな……。いろんな生き方を模索していきたいですね。

 

 

 

*1:アクチグラフによる睡眠時間計測では平均8時間28分